配偶者控除改正ポイントまとめ

2018年度から配偶者控除・配偶者特別控除の制度が変更になります。

現行の配偶者控除からの変更点をまとめてみました。

広告




配偶者控除の変更点

納税者の所得によって控除額が変わります。

現行の配偶者控除は納税者の所得に関わらず、配偶者の年収が103万円(総所得は38万円)以下だと一律38万円の控除の対象となっていました。

*老人控除対象配偶者の場合は48万円

しかし、2018年度より納税者の所得によって控除額が変わり、収入が多い人ほど控除額が減ることになります。

課税対象者の所得金額 900万円以下 900万円超950万円以下 950万円超1000万円以下 1000万円超
控除額 配偶者控除 38万円 26万円 13万円 0円
老人控除対象配偶者控除 48万円 32万円 16万円

課税対象者の所得金額が900万円以下の人は現行と同じままですが、900万円を越える人は増税されることとなり、1000万円を超えると控除が受けられなくなってしまいます。

配偶者特別控除

所得が1000万円以下の納税者で、配偶者が38万円の所得を超えた場合76万円まで段階的に控除が受けられる仕組みです。

対象となる配偶者の所得が76万円から123万円に引き上げられましたが、こちらも納税者の所得によって控除額が変わりますので、減税になる人と増税になる人がいます。

現在の配偶者特別控除額

配偶者の所得 控除額
38万円以上40万円未満 38万円
40万円以上45万円未満 36万円
45万円以上50万円未満 31万円
50万円以上55万円未満 26万円
55万円以上60万円未満 21万円
60万円以上65万円未満 16万円
65万円以上70万円未満 11万円
70万円以上75万円未満 6万円
75万円以上76万円未満 3万円

改正後の配偶者特別控除額

納税者の所得
900万円以下 900万円超950万円以下 950万円以下1000万円以下
配偶者の所得 38万円超85万円以下 38万円 26万円 13万円
86万円超90万円以下 36万円 24万円 12万円
90万円超95万円以下 31万円 21万円 11万円
95万円超100万円以下 26万円 18万円 9万円
100万円超105万円以下 21万円 14万円 7万円
105万円超110万円以下 16万円 11万円 6万円
110万円超115万円以下 11万円 8万円 4万円
115万円超120万円以下 6万円 4万円 2万円
120万円超123万円以下 3万円 2万円 1万円

増税?減税?早見表

現在配偶者特別控除を受けている人が、来年度から減税になるのか増税になるのか簡易表にしてみました。

○は減税、△は変わらず、×は増税

納税者の所得
900万円以下 900万円超950万円以下 950万円以下1000万円以下
配偶者の所得 38万円超40万円未満 × ×
40万円以上50万円未満 × ×
50万円以上55万円未満 ×
55万円以上65万円未満 ×
65万円以上76万円未満

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする