CROWD PORTがマイ投資レポート機能をリリース

ソーシャルレンディング比較サイト「Crowd Port」が2017年10月18日に「マイ投資レポート」をリリースしました。

Crowd Portってどんな会社?

恐らく国内初のソーシャルレンディング専門比較サイト運営会社です。

ソーシャルレンディング比較サイトの運営を主にしている会社は国内で「CROWDPORT」だけだと思います。

ソーシャルレンディングに関する知識を得たり、様々なソーシャルレンディング会社のファンドを一括検索できたりととても便利なサイトです。

ソーシャルレンディングをやっている人なら一度は訪れたことのあるサイトだと思います。

マイ投資レポートってどんな機能?

https://www.crowdport.jp/myreport/demo/performance

そんなCROWD PORTがリリースした「マイ投資レポート」とはどんなものなのでしょうか?

  1. まずはCROWD PORTのアカウントを作成します。
  2. マイ投資レポートに連携したいソーシャルレンディング会社のログインIDとパスワードを入力します。
  3. すると、マイ投資レポートにアクセスするだけで連携した会社全ての投資状況を確認することができます。

マネーフォワード等でお馴染みのクラウド家計簿のソーシャルレンディング版みたいな感じですね。

投資状況を確認するだけならマイ投資レポートにアクセスするだけで複数の会社の投資状況を確認できてしまいます。

連携できるソーシャルレンディング会社は以下の16社です。

  • maneo
  • SBIソーシャルレンディング
  • クラウドバンク
  • グリーンインフラレンディング
  • LCレンディング
  • ラッキーバンク
  • ガイアファンディング
  • クラウドリース
  • スマートレンド
  • クラウドクレジット
  • トラストレンディング
  • オーナーズブック
  • キャッシュフローファイナンス
  • さくらソーシャルレンディング
  • アップルバンク
  • アメリカンバンク

メリット

ソーシャルレンディングのリスク回避の方法として、「分散投資をすること」があげられます。

そのため、たくさんの会社に登録しているとそれぞれのサイトを一つずつチェックするのは結構大変です。

マイ投資レポートではそんな手間を省いてくれます。

また、運用損益の推移や会社別の運用成績など様々な角度で投資状況を分析してくれる機能が付いているのでとても便利です。

デメリット

ソーシャルレンディング会社のパスワード等のログイン情報を登録しなくてはいけません。

ソーシャルレンディング会社には口座情報やマイナンバー等大事な個人情報が登録されています。

そのログイン情報を登録するのは少し躊躇しますよね。

セキュリティは万全のようですが、”絶対”ということはないので、気になる方はCROWD PORTのQ&Aページにセキュリティについて詳しく書かれているので、そちらでご覧下さい。

もう一つのデメリットとしては、全てのソーシャルレンディング会社には対応していないことです。

対応していない会社として挙げられるのは、

  • ポケットファンディング
  • TATERUファンディング
  • LENDEX
  • スマートエクイティ
  • クラウドリアリティ
  • Jレンディング

以上の6社でしょうか。

その他にもあるかもしれませんが、登録できないソーシャルレンディング会社をメインに投資していると登録してもあまり意味がありませんよね。

私はまだSBIソーシャルレンディングのみで投資していますので利用していませんが、来年以降、複数の会社に口座を開設した際には利用を検討してみたいと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする