信用取引の証拠金算定にNISAは含まれません

先日、クロス取引で優待取りを行うために信用取引口座を開設しました。

クロス取引を行う予定の資金は20万円ほどですが、信用取引を始めるには30万円以上の資金が必要となります。

ただ、株や投資信託などの有価証券は代用有価証券として評価額の80%が算定されます。

現在、株と投資信託の評価額が合わせて20万円があるので、

ハイブリッド預金20万円+有価証券の80%16万円=約36万円

となり、株や投資信託が暴落しない限り大丈夫かなぁと思っていました。

ところが、、、

信用建余力が0となっています。

代用有価証券とハイブリッド預金を合わせても約3万円足りない…。

というか代用有価証券の評価額が4万円ほどしかない( ゚Д゚)

代用有価証券の詳細を見てみると、特定口座と一般口座で購入した銘柄のみが対象になっています。

HELPにもちゃんと書いてありました(;^_^A

代用有価証券(SBI証券のホームページ)

ジュニアNISAや貸株サービスで貸し出している有価証券も代用有価証券の対象にはならないそうです。

というわけで、来年のために積み立てている5万円を先取り入金しました。

信用建余力が増えました!(^^)!

ギリギリですが、なんとかクロス取引が始められそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする