どうする教育費?①まずは統計を見てみよう

人生の三大費用である「教育費」「住宅費」「老後の生活費」

その中でも今回は教育費について、こどもを一人育てるには1000万円が必要とよく言われますが、実際にはどのくらいかかっているのか統計を基に調べてみたいと思います。

広告




幼稚園(保育園)~高校

以下は、文部科学省が発表した平成26年度「子どもの学習費調査」の結果です。

1年間にどのくらいの教育費がかかっているという調査で、学校教育費(学校の入学金、授業料、教材費等)、給食費、学校外活動費(習い事、通信教育など)に分けられています。

幼稚園 小学校 中学校 高校 合計
公立 私立 公立 私立 公立 私立 公立 私立 公立 私立
学校教育費 119,175 319,619 59,228 885,639 128,964 1,022,397 242,692 740,144 1,827,861 11,560,314
給食費 19,382 36,836 43,176 46,089 38,422 4,154 432,468 399,504
学校外活動費 83,707 141,553 219,304 604,061 314,455 312,072 167,287 255,151 3,012,171 5,750,694
合計 222,264 498,008 321,708 1,535,789 481,841 1,338,623 409,979 995,295 5,272,500 17,710,512

一番右端の合計はそれぞれ公立のみ、私立のみに通った場合の合計です(幼稚園は3年間通う計算です)

上記の1年間の合計金額を12で割り、1か月平均にすると以下のような金額になります。

幼稚園 小学校 中学校 高校
公立 私立 公立 私立 公立 私立 公立 私立
1ヶ月平均 18,522 41,501 26,809 127,982 40,153 111,552 34,165 82,941

公立(幼稚園は私立も)の場合は月3万円程度の負担になりそうです。

また、高校になると高等学校等就学支援金制度があり、私立高校に通うことになっても保護者の収入によって段階的に支給額が変わるので、これほど大きな負担にはならないと思われます。

しかし、小学校・中学校から私立に通うとなると毎月10万円程度の教育費がかかることとなり、かなり負担になるので慎重に考えたいですね。

ちなみに保育園に通うとなると認可保育園の場合、生計を共にする家族の収入で保育料が変わり月額0円~9万円(地域によって違います)と大きな差がありますが、平均の保育料は2万円程度とのことです(平成24年地域児童福祉事業等調査より)

大学

次は大学への進学費用です。

こちらは日本政策金融国庫が調査した「平成28年度教育費負担の実態調査結果」です。

国立 私立 平均
短大 文系 理系
入学費用 79.7 78.3 95.9 120.1 94
在学費用(1年間) 101.3 156.3 149.8 189.9 149
4年間合計
(短大は2年で計算)
484.9 390.9 695.1 879.7 613

単位は万円

在学費用だけでも年間100~200万円の負担になります。

また、全国大学生活協同組合連合会が調査した「第52回学生生活実態調査」の結果によると、2016年度の仕送り費用の平均額は70,610円。

1年間で847,320円、4年間で3,389,280円の費用が学費に上乗せして必要になってきます。

以上の結果から大学進学費用は500万円から1000万円程度が必要になりそうです。

まとめ

年間100万円以上の出費が増えることになると家計にとっては大きな負担になります。

小中学校は公立学校に進学する場合→大学費用

小学校または中学校から私立の場合→小学校または中学校の費用から

を貯蓄しておきたいですね。

お子さんが小さいうちはどんな進路に進むのか想像も付かないと思いますので、まずはお子さん一人あたり500万円を目標に貯蓄するといいと思います。

ちなみに毎月2万5千円を積み立てると1年間で30万円、18年間で540万円が貯蓄できます。

次回はどのような方法で教育費を貯蓄すればいいかを考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする