2019年の投資方針<今年は新しいことに挑戦!?>

こんばんは。Akkoです。

今日は2019年の投資方針をご紹介します。

広告




投資金額

我が家の先取り貯金額は毎月5万円で年60万円です。

昨年は、学資保険料22万円・定期預金26万円・投資12万円という振分けで貯金してきました。

2017年の配当金と株主優待分として1万円をプラスしたので、昨年は13万円を投資にあてました。

今年はというと、学資保険料22万円は変えられないので、定期預金を24万円・投資14万円とわずかに投資金額を増やそうと思っています。

更に昨年の配当金&株主優待分と投資信託の売却分の24,000円。

合わせて164,000円です。

内訳は、

  • ソーシャルレンディング 50,000円
  • 海外ETF 90,000円
  • 投資信託 24,000円

ソーシャルレンディング

昨年投資した10万円の半額になりますが、今年も追加投資したいと思っています。

  • オーナーズブック 2万円
  • SBIソーシャルレンディング 1万円
  • アメリカンファンディング 2万円

*昨年までにソーシャルレンディングに投資した資金もそれぞれのファンドが償還になり次第同じ会社で再投資します。

昨年はソーシャルレンディング事業者選びの大切さを痛感させられる1年でしたので、リターンよりも安全重視の振分けにしました。

今年は新たな事業者には投資しないで、ソーシャルレンディング業界の様子なども見つつ来年以降に考えたいです。

米国ETF

今年は新たな試みとして、米国ETFに挑戦したいと思っています。

まず、4月から12月の9カ月で毎月10,000円ずつ円からドルに両替。

そこから3銘柄くらいで等しい配分になるように投資する予定です。

銘柄は今のところVTI、IVV、VYMが有力かなと考えています。

SBI証券ではNISA口座で米国ETFを購入すると購入手数料が無料になるので、少額ですが投資していきたいです。

投資信託

今年は米国ETFに力を入れるので、投資信託への追加投資はやや抑えめにしています。

毎月積立(2,000円)の内訳は、

  • i-Free NYダウインデックス 1,000円
  • 三井住友TAM-SMT新興国債券インデックスオープン 500円
  • 国内債券(銘柄未定) 500円

どうしてこの配分にしたのかや、投資信託のアセットアロケーションについては今後別の記事に書く予定です。

こんな超少額投資家ですが、まずはやってみなければ気が済まない性分なので、色々と分散しながら投資していきたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする